So-net無料ブログ作成
検索選択

Q5試乗記 【ラフロード編】 [クルマニア]

続いて【ラフロード編】ね。

このラフロード性能ほど、試す機会は少ないはず。
広さに限りのあるテストコース。

試したのはモーグルと急斜面の上り下り。

はじめに、大きな穴の空いた不整地での姿勢変化を体感。
Q5はこっち系は苦手でしょって思いますよね。
私もそう思ってました。

それが意外にいけちゃうんですよ。
予想以上に足が伸びて、車内はフラットそのもの。
真横の連続写真でも確認してみて。
IMG_1112.jpg
IMG_1113.jpg
IMG_1114.jpg
IMG_1115.jpg
一番深い穴ではタイヤ一個まるまる浮いてるでしょ。
でも、ボディは極力フラットを維持して、他のタイヤの駆動がしっかり利いてる。

VWはティグアンにDSGの搭載を見送ったよね。
ラフロード性能に不安があったとか。

AUDIは、しっかり搭載してきたしね。
極低速でのギクシャク感を耳にすることがあるけど。

結論、全然問題なし。
アクセルワークを一定にして何の困難もなくモーグル突破。

あっけなく。


お次はヒルクライム
最大斜度40%の斜度を難なく上る。
一番きついところで一旦停止。
アクセルから足を離してもホールドアシストのお陰で後退しない。
そっからアクセルべた踏みで、何も無かったように前進開始。
タイヤだってオンロード寄りのトレッドパターンだよ。

で、今度は最大斜度50%を急降下。
IMG_1117.jpg
IMG_1118.jpg
IMG_1119.jpg
Q5は、30Km/hまでの速度で、下るスピードを任意でコントロール出来る。
超安心モードで下山。

そんなとこ走るか?って自問しても、一生走らないかもって思います、正直ね。
でも、そんな安心感に酔わされるちゃうんだよね。
人間って単純だ(私だけかもしれなけど)。

あっでも、ホールドアシストの便利さを感じるシーン
『あると思います!』

見た目によらず、結構頼りになるお方のようです。
普段はスーツでビシッってきめてるけど、大学時代はアメフトで体鍛えましたよって感じで。

ラフロード編はこの辺でおしまい。
最後は【高速周回&スキッドコース編】で。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。