So-net無料ブログ作成

恩送り [ジョウモウ大学]

ジョウモウ大学の初めての決算。
こうして一年を数字で振り返ると面白い。

この活動の主な収入源は、会員会費とサポーターからの寄付金。
そんなに寄付なんて集まるもんか。
最初は皆、懐疑的だった。

やってる側がそんな心持なのだから、当然、寄付は集まらない。
集めるために何が必要かを工夫する者も居ない。

そんな状況下、開校を迎え船出したジョウモウ大学。
低予算だけど面白い授業を作ることに没頭するのは意外にも楽しかった。
ジョウモウ大学が目指す『興味でつながる共感のコミュニティ作り』という
目的は皆で共有できていたのが救いだったのかもしれない。

転機は突然やってきた。

ある日、学生さんから質問を受けた。
『何故、ジョウモウ大学は無料なのか?』
そしてこう付け加えた。
『こんなに楽しい授業を提供しているのだから有料でも良いのではないか?』
嬉しいお言葉ではあるが、僕は少し違和感を感じた。

仮に楽しい授業が受けられたから寄付をしますという流れになる。
これはこれでジョウモウ大学の活動を認めていただいた結果。
とても励みになるし有難い。

でも、これは寄付とは名ばかりの買い物ではないかという気持ちもある。
良いサービスを受けた対価としてお金を払います。
これでは、二者の間で完結してしまい広がりが無い。

もっと先を見据えた寄付が成立しないだろうか?
僕は自分に正直に、こう切り出しました。

『今、こうして授業が出来ているのは、皆さんの知らない誰かが寄付をしてくれたからです』
僕の中では、恩返しも素晴らしいけど、その恩を社会に還元してもらいたい。
そんな想いが強かった。

自分も顔も知らない誰かがこの経験をしてもらうための力になりたい。
そんな気持ちになってくれた時の寄付は、とても意味のあるものじゃないのかなと。

額面はどちらも3000円だ。
でも、恩返しでなく恩送りとなった寄付は、この先大きな力となって僕達の背中を押してくれる。

そんなことがあってから、授業の後に、寄付について話すスタッフがちらほらと。
少しずつスタッフにも学生にも浸透してきているようだ。

時間は掛かるけど、この気持ちは大切にしたいな。

手応えを感じ始めた今日この頃。
昨年より少しだけ強気の予算を組んだのは言うまでも無い(笑)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。